混ぜて使える白髪染め

仕上がり色で決める白髪染め

白髪染めをする時にまず悩むのが色ですね。どんな色に染めようか、染め上がりは写真のような色になるのか・・など、色を決めるのに結構頭を悩ませちゃいます。

白髪染めの色を選ぶときの注意点としては、やっぱイメージと実際の色とで、ちょっと異なってしまう点でしょうね。元の髪色が写真と違ったりすると、染まった後の色のイメージがつかめないし、それに染まり方は毛の質によっても違うから、写真通りの色になるとは限りませんよね。まあ写真に近い色っていうことで、ちょっと幅を持ってとらえておいた方がいいのかもしれないけど・・。私も何度か白髪染めを使いましたが、いまだに仕上がりの色で満足したことはありません。濃くなりすぎたり、赤っぽくなりすぎたり・・。染めた後はいつも落ち込むことが多いんですよね。

単色使いで染めるからなのかなあ・・。2色を混ぜて使ったりすると、案外満足できる色になるのかも・・。次に染める時には、混ぜて使える白髪染めを使って、ブラウン系とオレンジ系を混ぜてみようかなあ・・。そうすれば、少し柔らかい感じの茶色の髪に染まるかなあ・・。いつも濃すぎるっていうか、染めても軽い感じがしないのが不満なんです。2色使いで染めれば、キレイに仕上がるかもしれないなあ・・。