NISA口座を開設すると特典がある?キャンペーン内容は?

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設キャンペーンを考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。またNISA口座を開設するときのキャンペーンを行っているところもあります。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば非課税期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAには5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。