ETCカードの審査がゆるいのは?申し込みたい?

ETCカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

ETCカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のETCカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はETCカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ETCカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で使われるETCカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

よくTVCMなどで見るETCカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

ネットショッピングで便利なのでETCカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ETCカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

申し込み内容が怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはETCカード払いしかできないなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ETCカードの申し込みで審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

参考:ETCカードの作り方は?審査ゆるい?【学生も主婦も即日OK】

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

職場の人にあまり知られたくないことといえば例えば、ローンを組むことやETCカードを作ることなどです。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

ETCカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。