ETCカード付きクレジットカードは公共料金も払えるの?

ETCカード付きクレジットカードはランチやディナーの時に代金を支払う方法のひとつです。
磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で発行元や提携ブランドなどが分る仕組みになっています。
利益はユーザーが利用することにより得られますが、意外なことに支払回数が2回までは金利手数料がかからないのです。
売り上げにならない利用があった場合は立て替えるメリットはあるのでしょうか。
実は加盟店は利用代金の数パーセントを手数料として納める規約になっているので1回払いでも、ちゃんと収益はあるのです。
ランチやディナーなどの食事でクレジットカードを使うとレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。
運営会社の収入源は、手数料によるところが大きいですが一般ユーザーで加盟店も料金を徴収されていることは知っている人は少ないと思います。
営業内容によって加盟店が支払う比率には差があり一般の小売店や専門店などは3%から5%に設定されています。
利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。
1回や2回の支払は販売側のメリットが大きいため加盟店だけが請求されますがレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。
今ではほとんどの人が、ETCカード付きクレジットカードで高速を利用しています。
クレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るので1枚あると大変便利なカードです。
さらに、買い物時の支払いに限らず電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。
カードを使用してこれらの料金を支払うといつの間にかポイントが加算されている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。
ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月額の割引制度から外れる事もあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金を利用することが多い人はその分にもポイントが貯まるのでお得です。
財布の中の現金が少ないときなどにキャッシュレスでも買い物できる物を持っていると便利です。
例を挙げるとすると、買い物をして会計する時に少し現金が足りない事もあると思います。
その様な時、これを使って支払いをすれば欲しい物を無事に手に入れる事が出来ます。
しかも、これは支払に使用するだけでなく世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので現金が欲しいときはこれを使用し提携ATMから引き出すことができます。