脱毛器の人気ランキングはどうなっている?価格もチェック

脱毛器というのは価格差が大きいカテゴリーですが、ものすごい安さの脱毛器というのは、脱毛効果のほどは「お値段相応」であることが多いです。

効果があってこその脱毛器ですから、ムダに勉強代を払ってしまわないようにあとで後悔しない程度の効果が得られる商品を選べば、後悔しないでしょう。

予定していたより、出費は高いかもしれませんが、期待はずれとわかっていて安いものを購入するのは意味がありません。

満足な効果が得られるような器具を選ぶべきです。

amazonで脱毛器を購入しようと思いレビューの評価順で検索してみたところ、上位10商品がVekiaとOudayという商品でした。

画像を見る限りVekiaとOudayの商品は同じもののようですが、メーカーが違うのはどういうことなのでしょうか?Vekiaというメーカーから発売されている脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方、Oudayというメーカーの脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみにどちらの脱毛器も重さは581gです。

商品を説明している画像はモデルさんも違いますしパッと見、違う商品に思うかもしれませんが、商品自体はやはり同じものとしか思えません。

1位の商品が450件以上のレビューがあり星5となっているほか、他の同一商品も星5という評価がついています。

評価が偏り過ぎているのが不自然ですし、やらせを疑うレビューもあります。

口コミを信用して購入を決めるという人も多いかと思いますが、その口コミは真実なのか?という見極める力を持つことも大切です。

家庭用脱毛器と医療脱毛、どちらが脱毛効果が優れているか、断然、医療脱毛です。

医療脱毛は、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを使用する脱毛法です。

脱毛サロンなどでもメラニン色素に反応する光を照射することで脱毛を促す脱毛法を採用していますが、医療脱毛の方が毛母細胞を破壊するパワーが強いのため、医療機関でしか医療レーザー脱毛が行えないのです。

そして、医療脱毛は唯一、永久脱毛と呼べる脱毛法になります。

ですので、永久脱毛を希望される方には医療脱毛がオススメです。

しかし、医療脱毛にもデメリットがあります。

それはずばり料金です。

家庭用脱毛器や脱毛サロンと比較すると費用は10倍以上かかることもあります。

そして、レーザー脱毛は光脱毛と比べてかなり痛みを伴うという点も留意しなければいけません。

ブラウンというと、男性用の電気シェーバーのイメージがあるという方もいるかと思いますが、女性用脱毛器も作っているんですよ。

光脱毛は、黒いものに強く反応する仕組みになっていますので、肌の色が濃い場合には、火傷をしてしまう恐れがあるのですが、ブラウンのシルク・エキスパートは肌の色に合わせて光を調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

シルク・エキスパートは、ベーシックモデルと、プレミアムモデルの2モデル用意されているのですが、ベーシックモデルの照射間隔が3秒なのに対し、プレミアムモデルの照射間隔はわずか1、2秒であること、光の調節段階についてもベーシックモデルは3段階までですが、プレミアムモデルは10段階もあるなど、値段に違いはありますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

出荷台数が多かったり、人気の高い脱毛器を買ったからといって、評判通りの効果を有しているかというと、そうも言えません。

有名メーカーでは知名度の高い人をイメージモデルとして採用しますし、芸能人に口コミを書いてもらうことあります。

そのようにして人気が押し上げられるというのは、高額な宣伝費のおかげということもあるでしょう。

クチコミサイトなどでチェックしてみると「買わなくて良かったな」と思えるほど酷評されていることもあるのです。

参考:http://datsumoukitaiken.sakura.ne.jp/

合計○○台出荷!とか、よく聞く会社名だからといって安易に判断せず、効果の高いもので自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

安易に選んでしまうと、きっと後悔することになります。

脱毛器のトリアの値段は約6万円ですから、エステとか病院などで全身脱毛をすることを思うと、たいへんお得ですよね。

6万ほどの出費で、好きな時間に好きな場所で何度でも気になった時に脱毛することができるなら、欲しいという人も多いのではないでしょうか。

ですが、痛いのが我慢できない方にはトリアのオススメはできません。

脱毛器の中にはデリケートゾーンといわれるところに使用可能なものと使用不可能なタイプがあります。

使用不可能なものを無理にデリケートな箇所に使用してしまうと、肌荒れや火傷の要因となりかねないので絶対に使わないでください。

デリケートな箇所を脱毛したいなら、きちんと使用することのできる脱毛器を買うことが大切です。

イーモリジュはかつて楽天で57週間連続1位をキープしていた脱毛器です。

イーモという機種の後継機にあたり、トリプルショットができるフラッシュ脱毛器として人気がありました。

美顔器としても使えるスキンケアカートリッジが同梱されていて、1カートリッジ18 000回(旧製品の3倍)の照射が可能ですから、もともとコスパの良い製品でしたが、後継機はさらにすごいです。

チャージ時間もたったの3秒なので、同じ部位を脱毛するのにも時間が短くて済むようになりました。

いまはもっと機能を強化した後継機(ケノン)が発売されていて、そちらのほうが広い範囲も細かいところも脱毛できるので、人気があるようです。

パナソニックの脱毛器ソイエを知っていますか?最近の脱毛器は光脱毛(IPL)と呼ばれる脱毛法が主流になっていて、毛母細胞を破壊することで脱毛を促す仕組みになっています。

一方、ソイエというこの脱毛器は、ムダ毛を引き抜いて脱毛するという脱毛器です。

ムダ毛を引き抜きますので、脱毛できることは間違いありません。

しかし、残念ながらそれは一時的なものでしかありません。

確かに一時的にムダ毛はなくなりますが、しばらくすると脱毛したムダ毛と同じ太さのものが普通に生えてきます。

一時的とはいえ、ムダ毛は生えてこなくなるので効果がないとはいませんが、無理やり毛を引っこ抜くのでとても痛いですし、出血を伴う場合もあります。

脱毛器で永久脱毛したらどうなんだろうと以前から考えている方もいるかもしれません。

脱毛器にはクリニックでも採用されているレーザーを使うタイプのものがあります。

ですが、安全のためを考えてパワーを落さなければならないので、永久脱毛はできません。

どうしても永久脱毛をしたい場合専門のクリニックへ行かれて医療脱毛を受けるといいでしょう。

動作音の大きさは脱毛器ごとに違うので、音が大きいものを選んでしまうと騒音に感じることがあります。

アパートにおいて使う場合、深夜に使用すると隣人に迷惑となるケースもあるので、配慮しましょう。

動作音が大きいのがイヤならば、できるだけ動作音の小さな商品を選択するようにしてください。

フラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器は、メラニン色素に反応し、脱毛を促す仕組みになっています。

その仕組みからほくろに過剰反応してしまう可能性があります。

ほくろが小さければさほど気にする必要はありませんが、大きいほくろの場合、火傷してしまう恐れがありますので保護シールを貼ると良いでしょう。

ソイエのようなムダ毛を引き抜くタイプの場合は、ほくろを気にすることなく使用することができますが毛を無理やり引き抜くタイプの脱毛器は、出血が起こりやすくなるため色素沈着の原因になります。

脱毛は痛いというイメージがつきものですよね。

確かにセルフ処理で抜いたりすると結構痛いですよね。

また、ガムテープなどで毛を引き抜くのも痛いです。

ソイエみたいな脱毛器も当然痛いです。

最近はブラジリアンワックスも流行っていますが、これもやっぱり痛いです。

だったらフラッシュ脱毛も痛いのではないのか?と思うかと思いますが、無理やり抜く脱毛法と比較すれば全然痛みはないと思います。

光を照射するため、多少の熱さを感じることがありますが、照射部分をアイスノンできちんと冷やしておけば痛みはほぼ感じないと言えるでしょう。

痛いということは、肌に負担がかかっているということですから、無理のない脱毛をおすすめします。

脱毛後の肌が赤くなるのは、刺激に対する当然の変化ですので、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると良くなってきます。

肌のほてりや赤みは炎症のせいなので、症状が出ている部分を清潔に保ち、汗をかかないように気をつけ、保冷することが大切です。

冷やしても炎症が治まらないときは、そのままにせず、面倒でも皮膚科を受診しましょう。

体質にもよりますが、患部が乾燥して割れたり、水分がでてきたり、化膿してくることもあるので、絶対に放置してはいけません。

センスエピはイスラエルのホーム・スキノベーションズ社によって開発され、すでに180万台以上が出荷されている家庭用のフラッシュ式脱毛器です。

カートリッジ交換式に比べ、一度購入すれば約5万回照射できるため、初期費用だけで済むのが好評です。

出力の強弱を1?5段階で選べるのでハイパワーでガツンと効かせることもできますし、パワーを抑えて刺激の少ない脱毛もできます。

また、お顔のムダ毛の脱毛にも使えます。

センスエピシリーズは製品ごとに形が違いますが手の小さな方でも握りやすい形状と軽さが特徴です。

どれも取り回しがラクで、脇やうなじなど思うように使いにくかった部分でも脱毛しやすいといった評価を得ています。

でも、指、口元といった部位への照射がしやすい反面、照射範囲が小さいので、大きめヘッドの脱毛器と比べると、広い範囲の処理は苦手のようです。

時間をかければできますが、こうした製品なのだという割り切りは必要でしょう。