中古マンション住宅ローンで大事なことは?

中古マンションを購入する際の注意点として、そのマンションの今までの修繕積立金の状況、修繕計画、管理会社の対応などを調べる事も非常に重要です。
新築でマンションを購入する際には、マンション販売会社の営業マンが修繕計画等も熱心に説明をしてくれますが、中古マンションの場合はそういった資料等はこちらからお願いをしないと、通常は出てきません。
ただし、銀行で住宅ローンの審査に入る段階で、銀行側から提出を求められる場合もありますが、やはり物件選びの段階で、自分の目でチェックする事をお勧めします。
マンションによっては10年や15年等節目の大規模修繕の際に住人からの一時金の徴収を計画している場合もあります。
自分が中古マンションを購入して、翌年に追加徴収の時期だったなんてこともあり得ますので、納得のいく修繕計画かどうか確認をすることをお勧めします。